愛知県名古屋市・近郊で外壁塗装・リフォームの
ご質問・お見積りご依頼は 24時間受付中‼

愛知県名古屋市・近郊で『なるべく外壁塗装費用は安い方がいい』『丁寧で評判の塗装業者がいい』などで
塗装業者をお探しの方はお気軽にへお問合せ下さい。お問合せ後、即日~のスピード対応です
 ナゴヤ ヨイイロ
0120-758-411

ここでは塗装工事全般においての大事な注意点についてご説明します。これから塗装工事をご検討されている方に参考になればと思います。

ご注意ください

屋根カラーベストの下塗りについて

カラーベストコロニアルと呼ばれる(薄型スレート)屋根塗装工事の注意点です。

通常の塗装工事の一般的な工程は3回塗り(下塗り1回、上塗り2回)が多いのですが、カラーベスト屋根に関しては下塗りシーラーは状態を見て2回塗りが必要です。

屋根塗装の工程の中でも下塗りは接着材の役目なのでとても重要です。

下塗り工程が悪いと数年後に塗装のメクレなど致命的な現象が出てきます。

カラーベスト屋根は状態にもよりますが、屋根材が下塗りを吸い込んでしまうことが多いです。これでは下塗りを塗った意味がないので、2回目のシーラーを塗ります。

イメージは下塗り後に屋根が『あめ色』状態に濡れている感じがベストです。

屋根塗装の下塗り

下塗り作業の様子

塗装の仕様書

塗料カタログの仕様書
下塗り回数1~2回と記載

屋根カラーベスト塗装の縁切り

カラーベスト塗装後には縁切りという工程があります。

カラーベストの隙間が塗装で詰まって雨水の排出ができなくなります。

その為、スクレーパーカッターなどで一枚づつ屋根の隙間を切る作業です。

これをしない職人は現在でも本当に多いです。(手間のかかる作業なので)

雨水の排出が悪くなると野地板が腐ったり、雨漏りの原因になります。

『塗装をしたら雨漏りした‼』というのは、コレが原因の可能性大です。

今では『タスペーサー』という縁切り用の商品が主流になっています。

タスペーサーの場合は下塗り後に差し込み、その上から塗装を塗るという流れです。差し込んだタスペーサーはそのまま残ります。

差し込んだ分、隙間ができますので、縁切りの必要ないし、縁切りより雨水の排出もスムーズです。

タスペーサー

タスペーサーです
ポリカーボネイト製

縁切り

屋根塗料カタログの仕様書
縁切り工程が記載

外壁サイディングボードの塗料選び

現在主流の外壁材『サイディングボード』ですが、どんな塗料でも塗れると思いがちですが、使用できない塗料もあります。

  1. 弾性タイプの塗料は使用不可。サイディングボードは夏場表面温度があがります。もし、塗装してしまうと膨れやメクレという現象が起きやすいです。(ALCパネル外壁も同様です。)
  2. 某ハウスメーカー(〇〇〇ハウス)の外壁サイディングは年代によっては(平成5年~平成10年位迄)アクリルラッカー塗料で仕上げています。これは、塗装をすると熱反応膨れたり異常現象が起こる可能性があります。見積り現地調査の際に建築図面の確認やシンナーによるふき取りテストなどを行う必要があります。
  3. 平成10年以降?~現在のサイディングボードはコーティング(フッ素,光触媒など)が施されている外壁材が多いので通常の下塗り材では密着が悪い場合もあります。これを知らずに通常の下塗り材を使用して塗装してしまうと数年後に塗膜剥離など起こる可能性があります。この場合はコーティング対策済の下塗り材を使用してください。
外壁塗装の膨れ

塗膜の膨れ

ファインパーフェクトシーラー

コーティング対策済
下塗り材

乾式コンクリート瓦の塗装

屋根の塗り替えでご注意していただきたいケースです。セメント系瓦の塗装工事に関してですが、セメント系瓦は種類によっては塗料の密着があまりよろしくない瓦があります。その瓦は『乾式コンクリート瓦・モニエル瓦』と呼ばれる瓦です。『乾式コンクリート瓦・モニエル瓦』は製造段階でコンクリート製瓦に着色する為に塗布面の下地に『スラリー層』と呼ばれる細工がしてあります。瓦が経年劣化し表面塗膜がはがれてくるとこのスラリー層が表に出てきます。このスラリー層は塗り替える塗料との密着が悪いので知らずに通常の屋根塗装の塗料や工程で塗り替えをすると、数年で塗膜メクレや剥がれといった現象が出やすいのです。この『乾式コンクリート瓦・モニエル瓦』を塗り替える場合はスラリー層に対して対策済みの塗料や工程で工事してください。

  1. スラリー層でも密着する屋根塗料。(オリエンタル塗料のマイティシリコンなど)
  2. 下塗り材をスライー層対策済みのものを使用する。(水谷ペイントのスラリー強化プライマーなど)
  3. 高圧洗浄を念入りに行う(スラリー層を剥がす)

​上記のような塗料・工程で作業を行えば『乾式コンクリート瓦・モニエル瓦』の塗装工事は可能です。

もし、知識のない業者にこの瓦の塗り替えを依頼すると大変な被害がでますので気をつけてください。(この瓦は塗装できませんという業者もNGです)

★『スラリー層』のある瓦の見分け方

  1. モニエル瓦・スカンジア瓦・クボタ(現ケイミュー)製パラマウントシリーズなど。
  2. 瓦の小口(切断面)がフラットか凸凹しているか。フラットだとセメント系瓦でもスラリー層なし。凸凹していると上記メーカーの可能性あり。​
スラリー層あり

スラリー層あり

スラリー層あり2

スラリー層あり

スラリー層あり3

スラリー層あり

スラリー層なし

スラリー層なし

スラリー層ありでも使用できる塗料

マイティシリコン

スラリー層対策済み塗料
マイティシリコン
(オリエンタル塗料)

スラリー強化

スラリー層対策済み下塗り剤
スラリー強化プライマー
(水谷ペイント)

マイティシリコンの施工事例

マイティシリコン塗装前

マイティシリコン
塗装前

 

マイティシリコン塗装後

マイティシリコン
塗装後

いかがでしょうか。

このように当店の外壁塗装・屋根塗装なら、適正価格・細かな作業・管理体制なのでご安心して塗装工事をご依頼できます。
の塗装工事に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

24時間無料見積もりフォームはコチラ

 

お電話でのお問合せはこちら

0120-758-411

お問合せはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-758-411

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

住所・アクセス

〒460-0008 愛知県名古屋市
中区栄1丁目29-11

営業時間

9:00~18:30

休業日

水曜日